グリーンスムージー de ダイエット!

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違い

グリーンスムージーにたくさん含まれている栄養素として酵素がありますね。
この酵素が手軽にたくさん摂取することができるのが
グリーンスムージーの1つのメリットになります。
今回は、その酵素とはそもそも何なのかという事と
酵素ドリンクとの違いについてお話しをします。

 

酵素とは

一言でいうと生きていくために絶対に必要な栄養素です!!
ただ、ミネラルやビタミンなどとはちょっと違ってきます。
酵素は、呼吸、消化、吸収、細胞の新陳代謝などの
生体反応を行うための物質になります

 

そして酵素は大きく分けると2種類あります。
それが潜在酵素食物酵素になります。

 

潜在酵素

潜在酵素は、更に2つに分けることができます。
1つ目が食べ物を消化して身体に吸収するのに必要な消化酵素、
2つ目が肌のシワや抜け毛などの新陳代謝に関係してくるのが代謝酵素になります。

 

特に代謝酵素は、ダイエットや美容に大きく関わってくるのが代謝酵素になります。
この代謝酵素がたくさん身体にある状態にしたいのですが、
残念な事に代謝酵素は、年齢を重ねると段々減っていってしまいます。
そのため、代謝酵素を節約することが必要です。

 

ここで大事になってくるのが消化酵素になります。
消化酵素と代謝酵素は、非常に密接な関係にあります。
消化酵素をたくさんく使ってしまうと代謝酵素がたくさん減ってしまい、
消化酵素を節約することができれば、代謝酵素も増えます。
つまり、暴飲暴食をしない事がポイントになってきます。

 

酵素が減ってしまうとどうなってしまうと、身体が疲れやすくなってしまったり、
肌が荒れてしまったりといった症状が出てきてしまいます。

 

 

食物酵素


これは名前の通り食材から摂取することができる酵素で、健康を保つ事ができます。
ただ残念な事に48度以上で過熱をすると酵素は、壊れてしまうので
野菜やフルーツなど過熱をしていない食材から摂取する必要があります。
そのため、グリーンスムージーや酵素ドリンクは酵素を手軽に摂取できるという事で
注目されているという訳です。

 

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違い

美容やダイエットに関心のある方たちの間で広まっている
グリーンスムージーと酵素ドリンク。
グリーンスムージーは生野菜の酵素を手軽に摂取できるようにしてるのに対して、
酵素ドリンクは、様々な食材から抽出した酵素を発酵させた飲み物になります。
つまり違いは、酵素を発酵させているかどうかという事です。
発酵させている分酵素ドリンクの方が酵素をより多く、効率的に摂取できます。

 

「それなら酵素ドリンク飲んだ方が良いんじゃない?」

 

となるかもしれませんが、そういう訳でもありません。
酵素ドリンクは、確かに身体が良い飲み物ですがお腹もちが
あまり良くありません。
実際に僕もダイエット中に酵素ドリンクを飲んでいましたが、
お腹もちがあまり良くなかったので、結局グリーンスムージーに切り替えました。
また、グリーンスムージーと比較するとコストが若干高めですし、
自分で作ることも難しいです。

 

なので、お腹もち、コスト、手軽さを重視するならグリーンスムージー、
酵素を、とにかくたくさん摂取したいという事であれば、酵素ドリンクを飲むと
良いかと思います。