グリーンスムージー 効果

グリーンスムージーで食べ過ぎ予防

ダイエットの大敵である食べ過ぎ。
ストレスが溜まってしまってつい食べ過ぎてしまった、
美味しい物が目の前にたくさんあったから食べ過ぎてしまったなどなど、
あなたも経験があるんじゃないかなと思います。
今回は、こういった事が少しでも減らせるようにグリーンスムージーの
食べ過ぎ予防効果について、お伝えします。

 

そもそも食べ過ぎの原因ってなに??

食べ過ぎの原因には、色々ありますが、主に2つあります。
それが、胃酸が分泌されていない事
食べ物がしっかりと消化吸収されていないという事です。

 

なぜ胃酸が少ないの??

 

現代人の多くの方がそうですが、胃に負担を掛けすぎてしまっています。
この原因が身体に悪い物を食べてしまっている事、食事を取る時間
そして暴飲暴食です。

 

基本的に胃が動く時間というのは、11時〜19時までになります。
これ以外の時間に食事をするというのは、社会人でいうところの
サービス残業と同じ事になります。
あなたは、サービス残業好きですか??

 

 

ちなみに僕は、大嫌いです!!笑

 

 

なんとなく、胃に負担が掛かっているという事は、分かってくるかと思います。
「朝食は、どうするの??」という声が聞こえてきそうですが、
最初は、大変ですが慣れてくれば食べなくても問題はありません。

 

僕は、どれだけ時間がなくても朝食を絶対に
食べるという生活を24年間していました。
そしてその結果、超デブでした
今は、朝食は取っていませんが健康的に過ごしています。

 


ここで、野生の動物と人間を想像してみてください。
どちらも地球で生活をしている生き物であるという事に違いはありません。
野生の動物は太っていませんが、人間には太っている人が、
数え切れない程たくさんいます。
同じ生き物なのに、何が違うのでしょうか??

 

それは、野生の動物は、生きるための栄養を、補給するために食事をするのに対して、
人間は、食べたいから食べる、そして習慣によって決まった時間帯に食事を
するという事です。

 

 

しかも、ジャンクフードなどの身体に悪い物は、体内に毒素を溜めることに
なりますし、食欲を促進してしまう成分も多く含まれています。

 

そういった食事をたくさんしてしまった結果、内臓の働きは、鈍くなってしまい、
代謝は落ち、胃酸も十分な量が分泌されず、消化も不十分。
そして、しっかり消化されていないため、栄養も吸収されず、
身体が満足しないから食べ過ぎに走ってしまい、更に太るという
負のスパイラルにハマってしまいます。

 

食べ過ぎ予防方法


まずは、身体に悪い物を食べるのを止める事と
胃に負担のかかる時間帯の食事をできる限り控えるという事です。
そして、食事を栄養が豊富で身体に良い物に置き換えましょう。

 

ここで活躍するのがグリーンスムージーになります。

 

グリーンスムージーは栄養豊富で、消化吸収されやすいです。
こうする事によって、胃の負担が減ります。
負担が減ったことで、暴飲暴食をしていた時のように余計な胃酸を
分泌し続ける必要もありませんし、十分な量の胃酸をキープできます。
そうすると、消化も十分にできますし、胃が段々と元気になって、
老廃物の排出も進み、デトックス効果も出てきます。

 

 

グリーンスムージーを飲み続けることで栄養もバッチリと吸収することが
できますので、身体も元気になり、満足して食べ過ぎが減ります。
グリーンスムージーは、お腹もちが良いので空腹感が少ないというのもポイントです。